WEBライティングとコピーライティングにおいて、最も大切なこととは?

WEBライティングやコピーライティングと聞くと、何か、読み手の感情をゆさぶったり、心理操作的なことを書かなければいけないのかと、勘違いされている方がいらっしゃいます

そもそも、ライティングは、テクニックではなく、いかに、お客さんにとって必要となる情報を、分かりやすく、丁寧に伝えるかという思いやりの方が大切です。

image

読者に伝わる文章とは?

文章の情熱は、相手に伝わります。(ちなみに、SEO対策も情熱が全てです。)

もっと言うと、文章に情熱が乗っていて、根拠が示されている文書は読者に伝わります。そして、「なぜそうなのか?」という根拠を示すことでより相手に伝わりやすくなります。

どうすればもっと相手に伝わるか?ということを考えることがライティングにおいて必要なことです。

SNSでシェアされやすい文章とは?

TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアでシェアされると、爆発的なアクセスが来ることがあります。

image

シェアされやすい文章にも特徴があり、たとえば、何らかの新しい発見があるものは、SNSでシェアされやすいです。(なぜなら、シェアされるような文章は、「なるほど!」とか、「そっか!」という新しい発見は、人にも進めたくなるからです。)

また、書き方も工夫が必要で、文章の分かりやすさはもちろん、それに加えて、グラフや図、漫画などがある場合、視覚的にも分かりやすくなるため、これもまた、シェアされやすくなります。

読みにくい文章とは?

一方で、読みにくい文章の特徴も知っておく必要があります。

image

具体的には、読みにくい文章は以下のような特徴があります。

  1. 一文が長い文章
  2. 出だしで引き込まれない
  3. 音読して違和感がある文章
  4. 主語が無い文章

これらの文章は読まれませんので、ライティングする際に注意する必要があります。

書くことがないと思ったときにやるべきこと

また、オウンドメディアの運営において、何を書けばいいのかわからないという事態に陥ることがあります。その場合は、おすすめの打開策がありますので、ここでご紹介させていただきます。

音楽を聞く

image

これはモチベーションを高めたり、気分転換を図るために行います。

仕事が煮詰まったときやなんとなくやる気がでないときなど、音楽を聞くと、なぜかまたやる気が出てくることを体験したことがある方も少なくないと思います。

これと同じで、音楽を聞くことで、なぜかスムーズに文章が書けるようになるので、不思議です。パソコンの前でキーボードが打てなくなって来たらやってみてください。

書くことは、読むこと

image

何でもそうですが、しっかりとリサーチすることが大切です。

商品・サービスのことを良く知ること。競合他社の製品もしっかりとリサーチする。やるべきことは、実はたくさんあります。書くことが続かない場合は、どんどん自分のあたまに知識をインプットしてください。

残念ながら、何かを書くときに、頭が空っぽの場合は、何も書けません。

書くことに慣れる

image

最初からバンバン書ける人はいません。コピーの上手い人やWEBライティングが得意な人は、例外なく、大量の文章を書いています。毎日、書くことが習慣になっている人は、かならず、文章が上手くなります。

まずは、書くことに慣れること。これが最初で最大のハードルであり、ここを乗り越えられれば、新しい世界が広がります。

全てはお客様のために

WEBライティングやコピーライティングは、何のために存在しているのかというと、全てはお客様のためです。

自分のことではなく、お客さんを中心に考えるとすべてがうまく回り始めます

「上位表示させるためにはどうしたらいいか?」とか、「売り上げをどうやって上げればいいか?」ということを考えるのではなく、「どうしたら、お客さんにもっと喜んでもらえるだろうか?」と考える。

お客さんに喜んでもらえるようなコンテンツを作れれば、Googleも検索順位の上位表示してくれます。また、認知度が高まりますので、売上の増加も可能になります。

全ては、顧客視点から始めましょう。
だから、WEBライティングもコピーライティングも、思いやりが大切なのです。

以上、ご参考まで。

本サイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。このサイトでご紹介させていただきました内容が、少しでもお役に立てれば幸いです。

また、以下のソーシャルメディアをフォローしていただければ、最新のWEBマーケティング情報をご取得いただけますので、もし宜しければフォローをお願いします。今後も、読者様の役立つ情報配信ができるように運営させていただきます。





WEBマーケティングに関する解説動画はこちら

本サイトのYoutubeチャンネルはこちら



【スポンサードリンク】

ご意見・ご質問などございましたら、お気軽にご記載ください。(※また、お名前は仮名でも大丈夫です。また、大変恐縮ですが、コメントは、管理人にて確認後に公開させていただきます。)

CAPTCHA