面白い文章に仕上げるために考えるべきこと

女の子が書くイラスト

面白い文章を書くにはどうしたらいいのか。そんな問いに対して、今回はオリジナリティ(独創性)の面から考えていきたいと思います。

人と違った文章が面白い

たとえば、ネット小説の世界ではありがちなことですが、1つヒット作品が生まれると、その作品に類似した作品が大量に書かれます。人の作品に感化されて小説を書くというのは、決して悪いことではありませんが、読み手からすれば、いくつも同じような作品が並んでいるのはちょっとウンザリするかもしれません。そんな時は、敢えて流行とは外れたジャンルの作品を出してみるのも有効な手段です。

また、人と違った文章を書くには、人と違った経験をする必要があります。『この人の話は面白いな。』という方は、ふつうの人とはちょっと違う経験をしているものです。そのためには、いつも通りの生活の枠から外れて行動する必要があります。最初のきっかけは些細なことで構いません。いつもと違う道を通って帰ってみるとか、いままで話をしたことが無い人に話しかけてみるとか、そんな行動があなたの枠を広げてくれるものです。

全員に同意されることを目指さなくてもいい

ほとんどの場合、万人ウケを狙ったものは面白くありません。多少批判を受けてでも、インパクトのある文章を書いたほうが結果としては、ウケるものです。

同じ作品でも、人によって面白いと感じる人もいれば、つまらないと感じる人もいます。そんな中で万人ウケするものを目指してしまうと、どこにでもあるような作品となり、読み手の印象に残りにくくなります。

もちろん、わざと批判を受けるように悪意のあることを書くというのではありませんが、全員に同意される文章を書くよりは、少しでも批判を受けるような文章の方が面白いのは間違いありません。

自分らしさを前面に出す

文章は、あなたの人となりを表す鏡となります。あなたがどんな人で、これまでどんな経験してきて、どんな考え方を持っているのかは、その人の文章を見るとにじみ出てきます。面白い文章とは、究極的は、自分自身らしさを活かすべきです。自分らしさを出さずに文章を書いても、途中で文章を書くことが嫌になってしまい長続きしません。

自分の考えを思いっきりだす。それで批判されても別にいい。というくらいの気持ちの持ちようでいいと思います。批判されて、自分のそう思うのであれば、直せばいいだけです。

本サイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。このサイトでご紹介させていただきました内容が、少しでもお役に立てれば幸いです。

また、以下のソーシャルメディアをフォローしていただければ、最新のWEBマーケティング情報をご取得いただけますので、もし宜しければフォローをお願いします。今後も、読者様の役立つ情報配信ができるように運営させていただきます。





WEBマーケティングに関する解説動画はこちら

本サイトのYoutubeチャンネルはこちら



【スポンサードリンク】

ご意見・ご質問などございましたら、お気軽にご記載ください。(※また、お名前は仮名でも大丈夫です。また、大変恐縮ですが、コメントは、管理人にて確認後に公開させていただきます。)