ブログ記事を読みやすくするために“やるべき3つのこと”

目を皿のようにして読む人の画像

どんなにいいことを書いた記事があっても、ページを開いた瞬間に、『うわっ、読みにくそう』と思われてしまっては、読者も記事を読むのをあきらめてしまいます。

これは、ちょっとした工夫をすることで避けることができるので、ここでは、ブログ記事を読みやすくするためにやるべき3つの工夫についてご紹介します。

目次

  1. 改行と見出しを効果的に使う
  2. 強調したい部分は太字にする
  3. 画像をいれて視覚にメリハリを付ける
  4. 基本は、パッと見で読みやすそうと思ってもらうこと

1)改行と見出しを効果的に使う

たとえば、長い文章で画面を埋め尽くされているページを読みたいと思う人はいるでしょうか?

文字の羅列が激しくて改行が使われていないと、読者は非常に読みづらいと感じてしまいます。

そこで、できれば、文章は、3行以内で改行を使い、文字の塊ができないように注意してください。

また、見出しがあると、文章がだらだらとせず、メリハリが出てきますので、見出しを使うこともお勧めします。※理想的な見出しは、その見出しを読むだけで、全体の大まかな内容がわかり、詳しいことを知りたい人が本文を読む。という形です。

※ちなみに、改行は、<br/>で指定します。また、見出しは、<h3>“ここに見出しを書く”</h3>のように、<h3>タグで文章を挟むことで、作ることができます。


2)強調したい部分は太字にする

文章は、リズムが大切です。

そのため、この部分は強く訴えたい!と思う部分は、太字を利用するなどして、文字を強調することをおすすめします。読者の中には、まず、太字を読んで、その部分が気になったから、全文を読んでくれる方も多くいます。


3)画像をいれて視覚にメリハリを付ける

ページを開いたとき、写真や画像は、目に飛び込んでいます。

そこで、この習性を利用して、たとえば、写真を文章冒頭に入れる(※これをアイキャッチと言います。)と、その後に書いてある文書を読んでくれる可能性がグッと上がります。

掲載する写真は、自分が撮影したものでもいいですし、もし、写真を撮る手間や時間が無ければ、第三者利用が許されている無料の写真素材サイトを使うという手もあります。

※代表的な無料写真素材サイトを下記ページに掲載しておりますので、ご参考にしてください。

無料で使えて商用利用OK!事前登録も不要!ブログに使える6つの画像素材サイトのご紹介


基本は、パッと見で読みやすそうと思ってもらうこと

せっかくブログのタイトルに興味を持ってもらえたとしても、文章がびっしりと並んでいては、誰も読む気が起こりません。

Webの文章は、スマートフォンなどの端末で、気軽な気分で読まれることも多く、読者があなたの文章を、目を皿のようにして見てくれるものではありません。

そのため、文章の見栄えを良くすることは、情報提供者として、最低限配慮すべきことです。

そこで、一度文章を書き終えたら、必ず、ブログのプレビューを実施して、パッと目で読みやすそうか確認するようにしましょう。




本サイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。このサイトでご紹介させていただきました内容が、少しでもお役に立てれば幸いです。

また、以下のソーシャルメディアをフォローしていただければ、最新のWEBマーケティング情報をご取得いただけますので、もし宜しければフォローをお願いします。今後も、読者様の役立つ情報配信ができるように運営させていただきます。





WEBマーケティングに関する解説動画はこちら

本サイトのYoutubeチャンネルはこちら



【スポンサードリンク】

WEBマーケティングを、もっと学びたい方へ

~WEBマーケティング初心者の方に最適なEBOOKをご提供しております~(全212ページ)


無料EBOOKレポート

EBOOKを読まれた方のご感想(一部)



  • 無料であるにもかかわらず、とても丁寧で、わかりやすく書いてあり、大変参考になりました。ありがとうございました。(IwasakiYuki 様)

  • 結論としては非常に満足度の高い内容でした。なぜならば、かなり親切に書いてあるからです。それが分かりやすさに繋がり、メモしながら一気に読めました。(久保太功磨 様)

  • サイト構築やライティングについて具体的に分かりやすくご説明いただき、慣れておられる文章に加えて、画面キャプチャをはじめ多くの画像を利用いただいたところも大変見やすいものとなっておりました(K.N様 男性)

  • 無料でこれだけの情報量に圧倒されました。これをもとにプランを立てていこうと思います。(I.K様 男性)

無料レポートを取得する

ご意見・ご質問などございましたら、お気軽にご記載ください。(※また、お名前は仮名でも大丈夫です。また、大変恐縮ですが、コメントは、管理人にて確認後に公開させていただきます。)