動画コンテンツの作り方|パソコン画面と音声をYoutubeで配信

オウンドメディア上にある程度のコンテンツが作られてきたら、次は、動画コンテンツにもチャレンジしましょう。(動画コンテンツが作れるようになったら、映像も活用できるようになるので、マーケティングの幅が広がります。)

動画コンテンツがもたらすメリット

動画コンテンツのメリットは以下の通り。

  1. 顔出しは必須ではない(しなくてもいい)
  2. 気軽にコンテンツ化ができる
  3. やっている人が少ない
  4. 一度撮ったら、後は自動的に映像を流してくれる
  5. オウンドメディアとの親和性がいい
  6. WordPressに埋め込むことができる
  7. ブログを書くよりもビデオを撮る方が楽
  8. 読む媒体だけでなく、見る媒体でも提供できる
  9. 世界中に自分の動画・音声を配信できる

動画と聞くと、うまくしゃべらないといけないとか、自分の顔をさらけ出すのが嫌、と思う方がいるかもしれませんが、動画コンテンツは、音声とパソコンのキャプチャ画像だけでも問題ありません。

確かに、しゃべることについては、最初は慣れないとハードルが高く感じるかもしれませんが、練習だと思ってやり続ければ、上達していきます。(また、スピーキング能力は、実際の対面ビジネスの場合にも役立つようになります。特に文章を書くよりしゃべる方が好きという方にはおすすめです。)

パソコン1台あれば、簡単に動画コンテンツは作れる

動画コンテンツは、パソコンが1台あれば、誰でも簡単に作ることができます。また、作成した動画は、Youtubeなどにアップロードすれば、世界中の人に見てもらうこともできます。

また、動画を作るツールはたくさんありますが、例えば、以下のBandicamは、ボタン一つで動画が作れますので、初心者の方にもおすすめです。(無料版のダウンロードもできるので、一度試してみてください。)

Bandicam[バンディカム]

image

Bandicamの具体的な操作方法

ご参考までに、Bandicamの操作方法をご紹介致します。

まず、上記サイトでダウンロードしたソフトを立ち上げます。

image

起動の確認画面がでるので、「はい」をクリックします。

image

Bandicamの操作パネルが開くので、「REC」ボタンを押すと、すぐにパソコン画面と音声を録画できます。

image

非常に簡単ですね。

撮った動画は、簡単に共有することができます。

いまや、動画をネットで公開するのも、非常に簡単です。

動画サイトはYouTubeが有名ですね。(Youtubeに動画をアップロードするのもむちゃくちゃ簡単です。)

やり方は、Youtubeを開いて、右上の「アップロード」ボタンから、撮った動画をアップロードするだけです。

image

サンプル動画を撮ってみました。

とりあえず、テスト動画を作って、YouTubeにアップロードしてみました。

以上、ご参考まで。

本サイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。このサイトでご紹介させていただきました内容が、少しでもお役に立てれば幸いです。

また、以下のソーシャルメディアをフォローしていただければ、最新のWEBマーケティング情報をご取得いただけますので、もし宜しければフォローをお願いします。今後も、読者様の役立つ情報配信ができるように運営させていただきます。





WEBマーケティングに関する解説動画はこちら

本サイトのYoutubeチャンネルはこちら



【スポンサードリンク】

ご意見・ご質問などございましたら、お気軽にご記載ください。(※また、お名前は仮名でも大丈夫です。また、大変恐縮ですが、コメントは、管理人にて確認後に公開させていただきます。)

CAPTCHA