ほとんどの方がやっていない!ネット広告で把握すべき7つの数字

ネット広告で把握すべき7つの数字

もし、あなたがこれからお金をかけて、ネットで広告を打つとしたら、ここでご紹介する、“7つの数字”を必ず把握するようにしましょう

(※補足)
この数字を追わないのは、単なる怠慢です。そして、効果計測しない場合、大切なあなたのお金を無駄にしてしまう可能性が高いです。

それでは、早速、その7つの数字をご紹介させていただきます。

ネット広告で把握すべき7つの数字

  1. CPA(Cost Per Action)
  2. 購入率
  3. CPO(Cost Per Order)
  4. 一人当たりの購入単価
  5. 年間購入回数
  6. 年間購入単価
  7. 年間広告費用対効果

この7つの数字です。

この7つの単語は、丸暗記できるほど繰り返し見てもらい、いますぐ覚えていただきたいほどです

それでは、ひとつずつ説明していきます。

1)CPA(Cost Per Action)

CPA(シーピーエー)は、コストパーアクション

つまり、“一人の見込客を獲得するのにかかったコスト” のことです。

例えば、30,000円の広告を打って、連絡をくれた人が5人いた場合は、CPAは、

30,000 ÷ 5人 = 6,000円 となります。

一人の見込客を獲得するのに、6,000円かかったことなります。

(※補足)
このコストは、業種、業態によって異なります。たとえば、クレジットカードの新規見込み客を獲得しようとしたら、CPAは、数万円以上かかりますが、健康食品のモニター募集であれば、数千円で済む場合もあります。

2)購入率

購入率は、言葉のとおり、連絡をくれた方が商品を買ってくれた割合です。

例えば、先の例で、見込客になってくれた人のうち2人が、商品も買ってくれたとしたら、購入率は、2人(購入者) ÷ 5人(見込客)×100(%) =40% となります。

40%が高いかどうかも、業種・業態によって異なりますが、まずは、“数値を把握しておく大切さ”を理解しておきましょう。

3)CPO(Cost Per Order)

CPO(シーピーオー)は、コストパーオーダー

“購入してくれた方の一人当たりにかかったコスト” のことです。

CPAと混乱してしまうかもしれないので、もう一度、おさらいします。

  • CPAは、“広告に反応してくれた人にかかったコスト”
  • CPOは、“商品を買ってくれた人にかかったコスト”

です。

どちらが重要かと言うと、当たり前ですが、CPOの方が大切です。(なぜなら、最終的には商品を買ってほしいですからね。)

先の例で言うと、CPOの計算方法は、3万円で、2人の方が商品を買ってくれたので、

30,000円 ÷ 2人 = 15,000円

となり、CPOは、15,000円です。

4)一人当たりの購入単価

次は、一人当たりの購入単価です。

これは、言葉のとおり、商品を購入してくれた方の購入単価です。

たとえば、あなたの商品の販売額が、10,000円の場合、先の例で言うと、CPOは、15,000円ですので、15,000円以下の場合、現時点の広告の採算は、“赤字”となります。

※補足
ただし、一度目の購入で黒字になることは稀です。一般的なビジネスであれば、一度お客さんになってくれた方が、リピーターとなってくれて、ようやく利益が出る場合がほとんどです。

ということで、次の5つ目以降の数字の把握が大切です。

5)1年間の購入回数

次は、1年間の購入回数です。

もし、同じお客様が、あなたの商品を1年に2回購入してくれたら、1年間の購入回数は、2回となります。

6)年間購入単価

そして、次に、年間購入単価を計算します。

先の例では、10,000円のものを2回購入してくれたので、

年間購入単価は、10,000円 × 2回 =20,000円

となります。

これで、ようやく広告費用が黒字になります。(先ほども書いた通り、ほとんどの場合、一度目の購入で広告費用を回収して、黒字になることはありません。)

そのため、より長いスパンで広告費用を計測するために、1年間の購入単価を算出する必要があります。

7)年間広告費用対効果

最後に、年間広告費用対効果の割合を出します

この数字で、あなたが投じた広告の費用対効果はどれくらいだったのかを、パーセンテージで見ることができます。(ネットで広告を出す場合は、本来ここまでやるべきです。)

計算式は、簡単。

≪売上 ÷ かかったコスト ×100%≫

で算出します。

先ほどの例で言えば、2人の方が1万円の商品を2回買ってくれたので、

売上は、 2人×10,000円×2回 = 40,000円

かかったコストは、広告費用の30,000円。

つまり、年間広告費用対効果は、

40,000円 ÷ 30,000円 ×100%=133%

となります。

※この例では、広告投資したことにより、33%お金が増えたことになりますね。

WEBサイト運営は、確率論ゲーム

パーセンテージの画像

極論を言わせていただければ、ホームページやオウンドメディアを商売で使っている方は、“この数値をいかに上げられるかのゲームをしています”。

ゲームという言い方は、少し語弊があるかもしれませんが、私は、どうせやるなら(仕事をするなら)、楽しくやった方がいいと思っています。

そして、このゲームをうまくやるためにも、今日ご紹介した以下の7つの数字をぜひ覚えておいてください。

今日ご紹介した数字のまとめ

  1. CPA(Cost Per Action)
  2. 購入率
  3. CPO(Cost Per Order)
  4. 一人当たりの購入単価
  5. 年間購入回数
  6. 年間購入単価
  7. 年間広告費用対効果

以上、ご参考にしていただければ幸いです。

本サイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。このサイトでご紹介させていただきました内容が、少しでもお役に立てれば幸いです。

また、以下のソーシャルメディアをフォローしていただければ、最新のWEBマーケティング情報をご取得いただけますので、もし宜しければフォローをお願いします。今後も、読者様の役立つ情報配信ができるように運営させていただきます。





WEBマーケティングに関する解説動画はこちら

本サイトのYoutubeチャンネルはこちら



【スポンサードリンク】

ご意見・ご質問などございましたら、お気軽にご記載ください。(※また、お名前は仮名でも大丈夫です。また、大変恐縮ですが、コメントは、管理人にて確認後に公開させていただきます。)