サラリーマンを引退して定年した人こそ、オウンドメディアを持とう!

定年後のの楽しみは、人それぞれいろいろあると思います。

ただ、これまで仕事人間だった人が、急に毎日日曜日になってしまうと、だらだらと無意味に日々が過ぎてしまい、日常に飽きてしまう方もいるかもしれません。

そんな方は、毎日ワクワクしながら、自分の人生を横臥するために、ぜひ、オウンドメディアを持ってみてはいかがでしょうか。

定年したサラリーマン

定年した人こそオウンドメディアを持って情報発信していくべき

もちろん、定年後は、会社員時代にはできなかった趣味の山登りや釣り、ゴルフなどの趣味に生きるのも悪くありませんが、毎日やっているとさすがに飽きてくると思います。また、身体も若い時のようには動かなくなっているので、多少のフラストレーションを感じるかもしれません。(ただ、健康のために運動することはとてもいいことですね!)

そして、定年後の趣味三昧の中で、週に1日(あるいは数時間)は、自分以外の人のためになることを始めてみることも面白いことだと思います。

おそらく、これまで、何十年と働いてこられた方は、仕事や人生において、さまざまな人生経験をお持ちだと思います。

『そんな大それた経験はない!』と言う方であっても、自分では当たり前の情報が、人にとっては宝物だったということはよくあることです。

そこで、定年を迎えられて、「さて、これから残りの人生はどのように生きるか?」と思っている方は、世のため、人のため、そして、自分自身のためにも、あなたの頭の中にある知恵や知識を、誰かの役に立たせる情報として発信してみてはいかがでしょうか。

情報発信することで、人に喜ばれたり、新しい繋がりができたりするかもしれません。また、人に喜ばれることで、自分も嬉しい感情ややりがいを得られると思います。

オウンドメディアのアクセスが上がってくると定期収入を手に入れることもできる

情報発信は、TwitterやFacebookなどのSNS(ソーシャルネットワークメディア)ツールを使ってもいいですが、これらのツールだと、情報が時系列で流れていってしまい、蓄積が難しいです。

そこで、どうせやるなら、情報発信は、オウンドメディア(できればWordPressサイト)を活用して、発信することをおすすめします。つまり、自分のオリジナルメディアをネット上に構築するのです。

オウンドメディアを構築するメリットとしては、知識や情報がどんどん蓄積することができる点です。これらの情報は、TwitterなどのSNSツールのように流れていかず、ネット上にストックされていきます。

また、自分のオウンドメディア(無料ブログでなく、WordPressを用いたオリジナルサイト)には、Google AdSenseやAmazonアフィリエイトなどの広告を張ることができますので、やりたいと思えば、そのオウンドメディアから新しい収益を発生させることもできます。

定年後、年金だけでは不安という方には、再就職やアルバイトをするくらいなら、自分メディアを持って、自らが稼ぐ経験をした方が、自由だし、幸せで、より楽しいと思います。

オウンドメディアを運営する事業を始める

オウンドメディアの構築は、ある意味、自分で事業を行っているようなものですので、メディアの運営を定年後の自分の仕事としてやってみることも、毎日ワクワクできる体験を得れるかもしれません。

また、自分で好き勝手にできるメディアのため、上手い文章を書く必要もありませんし、会社員時代のように上司にお伺いを立てる必要もなく、あなたの自由に書けます。

また、文章を書くことは、頭を使った作業になりますので、ボケ防止や頭の整理にも役立ちます。

最初は、頭の整理とかボケ防止に始めたオウンドメディアサイトも、だんだんとアクセスが増え、反響が増え、自分の人生の楽しみのひとつになるかもしれません。

他人に役立つ情報提供をして、自分の生きがいにもつながる

定年をしてしまったからと言って、毎日、だらだらとテレビを見て過ごすことは、自分の大切な人生を無駄に過ごしていると言えます。また、定年を迎えた方も、これまでの現役時代のように、生活にメリハリやワクワク感が無く、「こんなはずじゃなかった。」と思うことがあるかもしれません。

基本的に、人は、自己重要感を感じられないと、自分の生活に満足感を得られない生き物です。

そして、自己重要感を満たす一番いい方法は、誰か他の人の役に立つことなのです。自分が誰かの役に立っていると思えば、どんな人でも、人生に生きがいを感じられるようになるものです。

また、定年後の多くの日本人が、何もしないでだらだらと過ごすことは、日本にとっても優秀な人材の活用できておらず、国家の負債だといえます。

もちろん、生涯現役で働いてください。とまでは言いませんが、国のためにも、周りの人のためにも、そして、自分自身のためにも、いつまでも生きがいを持って生きていける人が増えていくことが、今の日本には大切なことだと思います。

最初にやることは、自分自信の棚卸作業 ~若い人にあなたの経験値を共有してください~

じゃあ、何をすればいいのかと言うと、最初にやる作業は、これまでの人生の棚卸作業です。あなたが、どのような人生を歩んできて、どんな困難があって、それをどのように乗り越えてきたのか、ということを深く考えていきます。

若い方と年配の方とを比べると、圧倒的に違うのは、人生の経験値です。若い方は、これからの将来や、あなたが経験してきた困難をどう乗り越えていけばいいかということが分からないのです。

年配の方は、どんな人でも波乱万丈な人生を歩んでいます。
ぜひ、あなたがこれまで経験した貴重な体験談を、若い人に伝えてあげてください。

もしかしたら、あなたが何気なく書いたたった一文が、誰かの人生を変えることになるかもしれません。

最後に、僭越ながら、この言葉をご紹介します。

この道は一度しか通らない道

※是非、これからも、あなたの人生を最大限楽しんでいただければと思います。

本サイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。このサイトでご紹介させていただきました内容が、少しでもお役に立てれば幸いです。

また、以下のソーシャルメディアをフォローしていただければ、最新のWEBマーケティング情報をご取得いただけますので、もし宜しければフォローをお願いします。今後も、読者様の役立つ情報配信ができるように運営させていただきます。





WEBマーケティングに関する解説動画はこちら

本サイトのYoutubeチャンネルはこちら



【スポンサードリンク】

ご意見・ご質問などございましたら、お気軽にご記載ください。(※また、お名前は仮名でも大丈夫です。また、大変恐縮ですが、コメントは、管理人にて確認後に公開させていただきます。)

CAPTCHA