なぜ、オウンドメディア運営は、無料ブログではなく、WordPressを用いたオリジナルメディアを持つ必要があるのか?

もし、企業や事業主様が、これからブログ(自社メディア)の運営を、本格的に始めたいと思う場合は、安易に無料ブログを始めるのではなく、“独自ドメイン配下に構築したWordPressサイト”のオリジナルメディアを持つことをおすすめします

なぜ、独自ドメインのWordPressを持つ必要があるのかというと、一般的な無料のブログサイトでは、次のような制約事項や問題があるためです。

無料ブログの問題点や注意点

  1. グーグルの検索結果には、同一ドメインを持った複数のページは検索結果に表示されないため、検索順位の上位表示が難しい。
  2. 一般の企業では、アメブロなどの無料ブログへの閲覧制限をかけている会社が多くあるため、サラリーマンやビジネスマンからのアクセスが得られない。
  3. サイト内の一番目立つところに広告が張られていたり、あなたの収入源となる広告(Google Adsenseなど)が、自由に張れない。
  4. ブログ運営会社の都合やポリシー変更などによって、せっかく作り上げてきたブログが削除されてしまう可能がある。
  5. 会社や事業者のブログが、無料ブログで運営されていると、信頼度が下がる。

など、多くの禁止事項や制約があります。

特に、1、2番目のアクセス数に関する問題点は、事業目的のブログにおいては、死活問題ですし、3番目の広告収入や、4番目のブログ削除についても、決して無視できる問題ではありません。(5番目の信頼度については、人それぞれ受取り方が異なるので、特に気にならない方もいらっしゃるかもしれません。)

無料ブログがおすすめできない一番の理由とは?

上記5つの理由だけでも、企業や事業主様にとって、無料ブログをおすすめできない理由としては十分なのですが、それ以上に、おすすめできない理由は、ズバリ、著作権の問題です

例えば、無料ブログで有名なアメブロでは、Ameba利用規約の知的財産権の項目にて、以下の記載がされています。

第12条(知的財産権等)

1. 本サービスを構成する文章、画像、プログラムその他一切の情報について発生している著作権その他の知的財産権、肖像権及びパブリシティ権その他の人格権ならびに所有権その他の財産権は、利用者が自ら作成したもの(第10条第2項に掲げる場合を除きます)に関する権利を除き、当社又は当該権利を有する第三者に帰属しています。
2. 当社は、利用者が本サービスにおいて投稿、アップロード又は保存した全ての情報(文字情報、画像情報等を含みますがこれらに限られません)について、これらを保存・蓄積した上、本サービスの円滑な運営、改善、当社又は本サービスの宣伝告知等(第三者のメディアへの掲載を通じた紹介記事・コンテンツ等も含まれます。)を目的として、あらゆる態様で利用できるものとし、利用者はこれに同意するものとします
3. 利用者は、自己の著作物に関して、第三者の権利侵害等の問題が発生した場合、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、当社に何等の迷惑又は損害を与えないものとします。

※参照元:Ameba利用規約より一部抜粋 http://helps.ameba.jp/rules/post_104.html

上記の太字にて記載されている通り、ユーザーがアメブロに投稿した全ての情報は、アメブロ運営会社(サイバーエージェント)が利用できることになっております。(そのため、サイバーエージェントが無断で、あなたのブログに掲載した文章や画像を利用しても文句が言えません。)

また、同様に、ライブドアブログでも、著作権に関して以下の記載が規約中に書かれております。

1.3 データの利用

1.3.1 利用者が掲載等を行ったデータの利用

1.利用者は、本サービス等の利用に際して利用者が掲載・表示・送信等(以下「掲載等」といいます。)を行ったデータ(映像・音声・文章・写真・電子メール・メッセージ・アップロードされたウェブコンテンツ、ソフトウェアその他一切のデータをいう。以下同様とします。)につき、当社が、利用(複製、上演、演奏、公衆送信(自動公衆送信における送信可能化を含みます。)、口述、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳・翻案を含み、以下「利用等」といいます。)することを、無期限かつ無償にて、非独占的に許諾します。

2.利用者は、利用者が掲載等を行ったデータにつき、当社が自らの判断で、有償・無償を問わず、当社の指定する第三者に対して利用等を許諾する非独占的な権限を、無期限かつ無償にて付与します。

3.利用者は、前二項に基づく当社ないし当社の指定する第三者による利用者が掲載等を行ったデータの利用等について、著作者人格権を主張せず、行使しないものとします。

※参照元:ライブドアブログ利用規約より一部抜粋 http://docs.livedoor.com/rules/

ライブドアブログの場合も同様で、ブログに投稿した記事や画像をライブドアが利用しても文句は言えませんし、利用権や著作者人格権の主張もできません

このような理由から、企業や事業主様が、自社メディアを運営される場合は、独自ドメイン環境下に、WordPressサイトを構築することをおすすめしております。(WordPressの場合は、投稿物の著作権などは、全てブログ運営者のものとしてご活用いただけます。)

※もちろん、気軽に趣味などでブログ運営を楽しみたいという方は、今回ご紹介した著作権の問題なども、あまり関係がないかもしれませんので、無料ブログを利用されてもいいと思います。

本サイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。このサイトでご紹介させていただきました内容が、少しでもお役に立てれば幸いです。

また、以下のソーシャルメディアをフォローしていただければ、最新のWEBマーケティング情報をご取得いただけますので、もし宜しければフォローをお願いします。今後も、読者様の役立つ情報配信ができるように運営させていただきます。





WEBマーケティングに関する解説動画はこちら

本サイトのYoutubeチャンネルはこちら



【スポンサードリンク】

WEBマーケティングを、もっと学びたい方へ

~WEBマーケティング初心者の方に最適なEBOOKをご提供しております~(全212ページ)


無料EBOOKレポート

EBOOKを読まれた方のご感想(一部)



  • 無料であるにもかかわらず、とても丁寧で、わかりやすく書いてあり、大変参考になりました。ありがとうございました。(IwasakiYuki 様)

  • 結論としては非常に満足度の高い内容でした。なぜならば、かなり親切に書いてあるからです。それが分かりやすさに繋がり、メモしながら一気に読めました。(久保太功磨 様)

  • サイト構築やライティングについて具体的に分かりやすくご説明いただき、慣れておられる文章に加えて、画面キャプチャをはじめ多くの画像を利用いただいたところも大変見やすいものとなっておりました(K.N様 男性)

  • 無料でこれだけの情報量に圧倒されました。これをもとにプランを立てていこうと思います。(I.K様 男性)

無料レポートを取得する

ご意見・ご質問などございましたら、お気軽にご記載ください。(※また、お名前は仮名でも大丈夫です。また、大変恐縮ですが、コメントは、管理人にて確認後に公開させていただきます。)