書き出しで読者を巻き込む!コピーライティングの本質を学べる書籍のご紹介

今回は、コピーライティングのバイブルとも呼べる書籍をご紹介しながら、特に参考になるであろう部分をご案内させていただきます。

image
タイトル:伝説のコピーライティング実践バイブル
著者:ロバート・コリアー

ちなみに、この本、700ページ以上ある分厚い本ですので、机の上で立ってしまいます。

image

さて、それでは、さっそく、中身についてご紹介していきます。

効果的なセールスレターを作る6つの要素

本書には、効果的なセールスレターを作るには、次の6つの要素を含む必要があると説明されています。

  1. 書き出し
  2. 描写や説明
  3. 動機や理由づけ
  4. 保証や証明
  5. 決め手のひと言や不利益
  6. 結び

確かに、この6つの構成は重要ですね。(この内容を、正しくセールスレターに盛り込むことができれば、反応率上がるのは間違いないありません。)

たとえば、書き出しに関する内容は、本書の最初の章で詳しく説明されています。

読者を巻き込む書き出し2つの例文

本書で一番最初に紹介されている書き出しの事例を2つほどご紹介します。

一つ目は、小さい赤ちゃんがいる母親に向けて書いた文例です。
まずは、以下の2つの文章を読んでみてください。

赤ん坊がいる母親宛て
ベビーフードとベビー服の次に決めなければならない最も大切な事、それはベビーカーです。
赤ちゃんがそれに乗ってお出かけする姿を見てもらい、「まぁ、かわいい」と言ってもらえる、そんなベビーカーです。
赤ちゃんはみんな、ちゃんとしたベビーカーで…(略)

この文章を読んだ方は、おそらく、赤ちゃんがベビーカーに乗っている姿を想像してしまったと思います

次は、小売店主宛ての文章です。

小売店主宛て
「何にも買ってもらえなかった」
そんな残念なことがお店で何度も繰り返されていませんか?
あなたの時間はタダではありませんし、諸経費もたえずかかっています。つまり、せっかくお店に来てくれた人が何も買わずに帰っていくのは、お金を失っているのと同じことなのです。

こちらの文章は、閑散とした店内でうなだれている店主の姿を想像してしまいます

読んで分かるように、どちらの文章も、書き出しで引き込まれるような書き方がされています(最初の文章は、赤ちゃんを持つ母親なら続きを読んでしまいますし、2つ目の文章は、小売店の店主なら、続きを読んでしまいます。)

どうすれば、このような書き出しができるかも本書で紹介されています。

相手が欲していることを提供する

相手をよく研究する。相手に関心があることを見つける。そのうえで、こちらが提供するものをよく調べて、それを相手の関心とどう結びつけるのがいいかを考える。

コピーライティングを考えるうえで、一番大切なのは、読み手です。

読み手の興味関心はどこにあって、それを、自分の持っている商品・サービスとどう関連付けるかを考えることがもっとも大切なことです。(この概念を覚えて置くことの方が、小手先のテクニックを学ぶより、100倍、いや、1000倍大切です。)

先に紹介した例文は、どちらも読者を想定して、その読者の興味・関心があることについて書いています。だから、その対象となる人は、文章を読まざるを得なくなるのですね。

焦らないこと

本書には、書き出し以外にも、コピーライティングにおいて大切なことが書かれています。

相手を1人残らずおびき寄せる。それにはまず、相手に関心があるものを見つけて、それを話のきっかけにすること。こちらの提案、こちらが売ろうとしているもの、こちらの関心を急いで伝えようとしてはいけない。

まさに、この通りです。

※ちなみに、このような主旨のことは、ネット広告に関する記事でもお伝えさせていただきました → ネット広告の勘違い|“すぐに売ろうとする”、“トップへ誘導する”

特に重要なポイントは、相手を一番に考えること

つまり、すぐに、こちらの要望をかなえようとしないことです。あなたも、私も、そうであるように、誰も、売り込みはされたくないのです。

説得とは、相手へのメリットを説明すること

コピーライティングで相手に行動を起こしてもらうためには、読者を説得しなければなりません。しかし、説得とは、相手を話術であやつることではありません。

本書では、説得についてこのように言及しています。

では、説得とは何か。こちらがしてもらいたいことを相手にしてもらう動機を見つけて、それをさらに強くかき立て、面倒くさいとか、お金がもったいないとか思わずに、そうしてもらえるように持っていくことにほかならない。

そのためには、相手にどういう得があるかを示す必要があり、それができるのは、相手の立場に立てる人だけだ。

相手の立場に立って、相手のメリットを説明する。これが、相手を説得するということです。

コピーライティングの本質は、相手への思いやり

コピーライティングの本質は、文章の書き方ではなく、自分が相手に対して、どんなメリットを提供できるかを真剣に考えることです。

そこから全てが始まります。

もう、相手を操るためにコピーを書くのは止めましょう。(真剣に相手に尽くすことだけを考えた方が、結果も良くなります。)

そのことを踏まえて、本書を読めば、コピーライティングのスキルはますます上昇し、お客さんにも喜ばれる存在になれると思います。(小手先のテクニックは、本質を理解したあとで、ほんの少しだけ学べばOKです。)

本書には、結果が出たコピーライティングの事例がたくさん掲載されているので、ハッキリ言って超役立つ書籍ですが、何度もお伝えしているとおり、テクニックうんぬんよりも、今回ご紹介したコピーライティングの本質の方が大切です。

以上、ご参考まで。

本サイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。このサイトでご紹介させていただきました内容が、少しでもお役に立てれば幸いです。

また、以下のソーシャルメディアをフォローしていただければ、最新のWEBマーケティング情報をご取得いただけますので、もし宜しければフォローをお願いします。今後も、読者様の役立つ情報配信ができるように運営させていただきます。





WEBマーケティングに関する解説動画はこちら

本サイトのYoutubeチャンネルはこちら



【スポンサードリンク】

WEBマーケティングを、もっと学びたい方へ

~WEBマーケティング初心者の方に最適なEBOOKをご提供しております~(全212ページ)


無料EBOOKレポート

EBOOKを読まれた方のご感想(一部)



  • 無料であるにもかかわらず、とても丁寧で、わかりやすく書いてあり、大変参考になりました。ありがとうございました。(IwasakiYuki 様)

  • 結論としては非常に満足度の高い内容でした。なぜならば、かなり親切に書いてあるからです。それが分かりやすさに繋がり、メモしながら一気に読めました。(久保太功磨 様)

  • サイト構築やライティングについて具体的に分かりやすくご説明いただき、慣れておられる文章に加えて、画面キャプチャをはじめ多くの画像を利用いただいたところも大変見やすいものとなっておりました(K.N様 男性)

  • 無料でこれだけの情報量に圧倒されました。これをもとにプランを立てていこうと思います。(I.K様 男性)

無料レポートを取得する

ご意見・ご質問などございましたら、お気軽にご記載ください。(※また、お名前は仮名でも大丈夫です。また、大変恐縮ですが、コメントは、管理人にて確認後に公開させていただきます。)