Twitterの文字数制限(140字ルール)が緩和されるようですので変更点をご紹介

Twitterは、140文字の短いつぶやき(ツイート)を投稿できて、ネット上で気軽に他人と緩い繋がりが持てるツールです。

もちろん、僕もやっていますし、結構楽しいです。

今回、Twitterの文字数制限が緩和されるようですので、ここでもその変更点をご紹介させていただきます。

これまでのTwitterの文字制限ルール

まず、大前提として、Twitterの文字制限数は、140文字までです

これは、ツイッターサービスがはじまった2006年度から変わっていません。(140字までの短いツイートができるのがTwitterの特徴です。)

ツイッターには、@マークを付けた『返信ツイート』や他の人がつぶやいたツイートを引用する『引用ツイート』などがありますが、これまでは、これらの返信ツイートや引用ツイートも、全て含めて、140文字以内で配信しなければなりませんでした

たとえば、以下は、「こんにちは。」という6文字に、@マークを付けた返信ツイートも記載した例ですが、『@koji050』の8文字も文字数にふくまれているため、残りの文字数が126文字となっています。(140文字-6文字-8文字=126文字)

image

いままでのツイッターはこのような制約がある中でツイートをする必要がありました。

Twitterの文字制限に関する変更内容

しかし、先日、Twitter社の発表により、これまでの制限が若干緩和されるようです。

主な変更点は以下の通りです。

  1. 『@ユーザー名の返信ツイート』が文字数としてカウントされなくなる
  2. 『引用ツイート』も文字数としてカウントされなくなる
  3. 画像や動画などの添付情報も文字数としてカウントされなくなる
  4. 自分のツイートのリツイートができるようになる

この当たりが主な変更点ですので、ひとつずつ簡単にご説明させていただきます。

この他にも、自分の全てのフォロワーにツイートを見せる『.@ユーザー名』のツイートの「.」が必要なくなるということも変更点としてありますが、あまりメジャーな機能ではないので、今回は割愛します。

『@ユーザー名の返信ツイート』が文字数としてカウントされなくなる

これは、先にお話したような、『@ユーザー名』の返信ツイート部分が、つぶやきの文字数としてカウントされなくなるということです。

先ほどの例で言えば、以下の下線の部分がカウントされません。

image

『引用ツイート』も文字数としてカウントされなくなる

引用ツイートとは、他人がツイートした内容を引用して、自分のコメントを追記してツイートすることです。

たとえば、日経新聞社のツイートを引用ツイートしようとします。

image

すると、上記の通り、既に、残り文字数が116文字となっており、引用ツイート分の文字数が引かれています。

しかし、今回の変更により、この引用ツイート分も文字数としてカウントされなくなるようです。

画像や動画などの添付情報も文字数としてカウントされなくなる

現在、ツイッターには、写真などの画像や動画を添付することもできます。

画像や動画の添付をすると、以下の図のように、残り文字数が116文字となります。(つまり、現在、画像などの添付は、24文字分使ってしまっています。)

image

しかし、この24文字分の文字数も、今後はカウントされなくなります

自分のツイートのリツイートができるようになる

文字数以外の緩和の他にも、自分のツイートのリツイートができるようになることも大きな変更点です。

現在、自分のツイートを見てみると、以下のような画面が表示されます。

image

現時点(2016.5.26)では、自分のツイートをリツイートしようとしても、リツイートボタンがグレーアウトしてリツイートできません

しかし、これが、今回の発表により、自分のツイートをリツイートできるようになるようです。自分のツイートをリツイートし続ければ、長い文章の投稿の紐づけが簡単になりますね。

ということで、今回は、ツイッターの文字数制限の緩和についてご紹介させていただきました。ご参考まで。

本サイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。このサイトでご紹介させていただきました内容が、少しでもお役に立てれば幸いです。

また、以下のソーシャルメディアをフォローしていただければ、最新のWEBマーケティング情報をご取得いただけますので、もし宜しければフォローをお願いします。今後も、読者様の役立つ情報配信ができるように運営させていただきます。





WEBマーケティングに関する解説動画はこちら

本サイトのYoutubeチャンネルはこちら



【スポンサードリンク】

ご意見・ご質問などございましたら、お気軽にご記載ください。(※また、お名前は仮名でも大丈夫です。また、大変恐縮ですが、コメントは、管理人にて確認後に公開させていただきます。)

CAPTCHA