今の時代、少し頑張れば、ホームページは無料で作れます。

近年のネット環境やWEBサービスの発展により、少し勉強をすれば、ホームページは自分で無料で作れるようになりました。

ホームページは無料で作れる時代なのだから、“極力費用はかけたくない!”というお気持ちは、よくわかります。

しかし、無料で作れるホームページは、無料ならではの“落とし穴”があります。

事前に、その落とし穴のことについて知っておいた方が、後になって、後悔することが無いと思いますので、ここでご紹介させていただきます。

本格的にサイト運営したい方には不向き?

まず、大前提ですが、無料ホームページサービスを提供している会社さんも、“企業”です。

そして、企業の目的は、利益を得ることです。(これ自体が悪いと言うことではありません。企業は利益を追求するところなので、ある意味、当たり前のことです。)

そのため、ただ単に無料でサービス提供しているだけでは、利益が得られないので、無料でサービスを利用する代わりに、利用者は、それなりの代償を支払う必要があります

無料で作れるホームページの落とし穴とは?

無料で作れるホームページの利用規約をよく読んでみると、このような記載があります。

「当社が不適切と判断する掲載がある場合には、アカウント、サイト、投稿内容などを削除する場合があります。」

つまり、運用会社の判断で、自由にサイトが削除されてしまう可能性があるのです。(趣味のブログならこれでもいいのかもしれませんが、ビジネスで活用するにはリスクがあります。)

その他、無料ホームページを利用することで、ユーザーが支払う代償(デメリット)をいくつか挙げると、

  • ホームページに広告が入ってしまう
  • 突然サービス提供が終了してしまう場合がある
  • 制作コンテンツの使用権がサービス提供会社にある
  • より良い機能を使いたいと思うと費用が発生する
  • 自由にアフィリエイトタグが入れられない
  • 全てを自分でやる必要があるので時間と手間がかかる
  • サイト運営に関するサポートが無い

などのデメリットがあります。

サイトを構築する前に考えておくべきこと

巷の無料ホームページ制作サービスは、“手軽にホームページを作ってみたい”という方にとっては、とても良いサービスです。

ただ、ホームページを運営し始めると分かりますが、本格的に運営するにつれて、結局は、自分のオリジナルサイトが欲しくなる場合が大半です

そのため、“本格的なサイト運営をしたいのか”、それとも、“いくつかの代償は仕方なしと思い、無料サービスを利用するのか”は、最初から考えておく必要があると思います。

そして、もし、本格的なサイト運営をしたい場合は、可能な限り、WordPressシステムで構築したほうがいいです

ご参考:なぜ、WEBサイトはWordPressで構築する必要があるのか?

無料であることの最大のデメリット

無料ホームページをおすすめできない理由は既にいくつかご紹介しましたが、もう一つ、大切な理由があります。

それは、人は、無料のモノには、本気になれないということです

無料で作ったWEBサイトは、タダなのであまり本気になれません。

そのため、ほとんどの人は、2,3記事をUPしたら、そこで満足して、終了してしまいます。(ネット上には、そんなWEBサイトは腐るほどあります。これらのサイトは、誰も見ていないので、存在価値がありません。)

しかし、月額費用が数千円でも発生すれば、人はそれを回収しようと頑張れるようになります。

オウンドメディア運営を、事業として考えることができるようになった場合に、ネット集客やブランドの構築、オウンドメディアの収益化が初めてうまくいくようになります

パソコンをいじる女性の画像
トップページへ戻る